さっさっさっと今日のおやつ

育児の合間の簡単おやつレシピを公開しています✨インスタグラム@gemomogeもよろしくおねがいします✨3児の母😋moge0105@gmail.com

秋の味覚!スイートポテトタルト

こんにちは!

秋です!秋と言えば芋栗南京の季節。

お菓子作り界隈も炭水化物で賑わっております😃
f:id:gemomoge:20181002124530j:image

 

今日はスイートポテトペーストを作って作るスイートポテトタルトをご紹介します。

 

 


避けては通れない芋スイーツ。

 

タルトはスイーツポテトと合う林檎を合わせて焼き上げます。

ボトムはアーモンドクリームとカスタードを混ぜて爽やか濃厚に。

f:id:gemomoge:20181004081004j:image

 

 

タルト型 18㎝

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

≪タルト生地≫

卵 3分の1
薄力粉 120g
粉砂糖 40g
油 50g 

 

≪カスタードクリーム≫

牛乳200cc
砂糖50g
薄力粉20g
卵黄2個
バニラエッセンス少し
ラム酒小さじ1

 

≪アーモンドクリーム≫

バター 50g
グラニュー糖50g
卵 1個
アーモンドプードル 50g
塩 ひとつまみ
薄力粉 15g 

 

≪スイートポテトペースト≫

スイートポテトペースト 300g

 

(下記分量はさつま芋100gに対して)

さつま芋(焼いて皮を剥いたもの) 100g

砂糖       30~40g

バター   20g

卵黄       1個

塩            1g

ラム酒     5cc(なくてもok)

バニラエッセンス    少々

 

 

≪その他≫

ドライりんご  100g

卵黄1個

はちみつ 大1(なければ砂糖15g)

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

【下準備】

・すべてを計量する

・アーモンドクリーム用の卵とバターは常温に戻す

 

 

さつま芋はなると金時が好きで使いますが、なんでも構いません。

芋によって水分量、甘さが変わりますので微調整が必要な事をご了承ください。

f:id:gemomoge:20181004081028j:image

 

 

 

それではスタート!

 

 

<焼き芋を作る>

芋に火を入れて柔らかくします。

焼き芋にすると甘味がまして美味しくなるので低温でじっくり焼いて火を通します。

もちろんゆでたり蒸したりしても大丈夫です。

 

・アルミホイル

・濡らしたキッチンペーパー

 

を用意してください。

 

 

このようによく洗った芋を水で濡らしたキッチンペーパーでまき、
f:id:gemomoge:20181004081105j:image

 

 

アルミホイルで包みます。

(キッチンペーパーがはみでないように。)
f:id:gemomoge:20181004081110j:image

 

 

160℃のオーブンで90分焼いてください。
f:id:gemomoge:20181004081115j:image

 


焼き上がり。

熱いので火傷に気をつけて。
f:id:gemomoge:20181004081159j:image

 

 

ここでバター塗って食べてしまいそうになりますが、我慢(笑)

 

熱いうちに皮を剥き、黒いところや汚い所を多少取り除いて重さをはかります。

 

スイートポテトペーストの分量(上記参照)は皮を剥いた芋100gに対しての分量です。

皮を剥いて量った芋の重さに応じて材料を用意してください。

f:id:gemomoge:20181004081206j:image

 

 

 

潰しやすいので熱いうちに作業します。

フォークやマッシャー等を使って潰していきます。

砂糖とバターを混ぜて一緒に潰してください。

芋の熱さでバターが溶けてうまく混ざります。
f:id:gemomoge:20181004081215j:image

 

 

これくらいになったら、
f:id:gemomoge:20181004081222j:image

 

 

卵黄とラム酒をいれてさらに潰し混ぜます。
f:id:gemomoge:20181004081230j:image

 

あらかた潰れたらこし器でこします。

(フードプロセッサーでガーでも大丈夫ですが、水分が少ないので回しにくいかもしれません)

f:id:gemomoge:20181004081247j:image

 

 

濾すときはゴムべらではなく木ベラやしゃもじなどが濾しやすいです。
f:id:gemomoge:20181004081257j:image

 

 

こんな感じで繊維がとれてなめらかに。

ここで繊維が残っていると絞り口金で絞り出すときに詰まったりすることがあります。
f:id:gemomoge:20181004081304j:image

 

 

これくらいの量ずつちまちまやってください。
f:id:gemomoge:20181004081311j:image

 

 

出来上がり!

あんこくらいの固さが目安です。

このペーストは生クリームと混ぜてサツマイモのモンブランにしたり、焼き菓子に混ぜ込んだりといろいろ使えます。
f:id:gemomoge:20181004081319j:image

 

 

 

今回は紫いもペーストも作りました。
f:id:gemomoge:20181004081329j:image
f:id:gemomoge:20181004081336j:image
f:id:gemomoge:20181004081343j:image

 

 

芋は個体差があるので、焼き芋の時点で水分が多く柔らかそうだなと思ったら、

バターと卵黄の量を加減しながら加えてください。

甘味も好みで増やしたり減らしたりしてください。

 

 

 

 

<カスタードクリーム作り>f:id:gemomoge:20181004083652j:image

 

手順はここを参考にしてカスタードクリームを炊いてください。↓

www.gemomoge.net

 

出来上がったらラップをかぶせ氷などで急激に冷ましてから、冷蔵庫に待機させてください。
f:id:gemomoge:20181004081406j:image

 

 

 

 

<アーモンドクリーム作り>
f:id:gemomoge:20181004083710j:image

 

手順はここを参考にしてアーモンドクリームを作ってください。↓

www.gemomoge.net

 

これもラップに包んで冷蔵庫に待機させておきます。
f:id:gemomoge:20181004083737j:image

 

 

<タルト生地作り>
f:id:gemomoge:20181004084257j:image

 

 

手順はここを参考にしてタルト生地をつくってください。↓

www.gemomoge.net

 

出来上がったら10分ほどラップをしておくと伸ばしやすいです。

f:id:gemomoge:20181004084303j:image



 

さぁ、すべてそろいました。

組み立てて焼きます。

 

タルト型 18㎝

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アーモンドクリーム 150g

カスタードクリーム 50g

ドライ林檎                 100g

タルト生地                 出来上がり全部

 

(サツマイモペーストが固いとき)

生クリーム                 50cc~ほど

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


f:id:gemomoge:20181004163651j:image

 

 

タルト生地を伸ばし、
f:id:gemomoge:20181004081429j:image

 

 

タルト型にしきこみます。

必ず型にはバターを塗って粉をはたいておくか、オイルスプレーなどを振ってください。
f:id:gemomoge:20181004081443j:image

 

 

冷やしておいたアーモンドクリームをこね戻し、
f:id:gemomoge:20181004081454j:image

 

 

カスタードクリームを入れて混ぜます。
f:id:gemomoge:20181004081503j:image

 

 

切ったドライ林檎を混ぜ入れ
f:id:gemomoge:20181004081512j:image

 

 

タルト型に敷き入れます。
f:id:gemomoge:20181004081521j:image

 

 

170℃で30分~こんがり焼いてください。

しっかり冷えたら型から出します。

(底とれ型を使う場合はここで出さなくても大丈夫です。)
f:id:gemomoge:20181004081531j:image

 

 

あとはお好きな口金でスイートポテトペーストを絞り飾ります。

今回は丸口金で絞りました。

ここであまりペーストが固すぎると口金で絞るときにうまく絞れません。

生クリームで固さを調節して絞り出してください。
f:id:gemomoge:20181004081539j:image

 

 

中央2列は口金の大きさを小さくしています。

f:id:gemomoge:20181004081551j:image

 

 

2色で仕上げましたが、もちろん1色で仕上げても大丈夫です。

口金を遊んでみたり、ただ盛ってパレットナイフで仕上げても素敵だと思います。
f:id:gemomoge:20181004081559j:image

 

 

艶出しの卵をときます。

卵黄とはちみつ(分量は上記記載)をよく混ぜて
f:id:gemomoge:20181004081610j:image

 

 

柔らかい刷毛で塗ってください。

優しく塗らないと形が崩れることがあります。

 

200℃のオーブンで15分ほど焼いて固めます。

焦げ目にこだわることはないですが、ついたほうが美味しそうにみえます。

 

オーブンによっては表面の焦げ目がつく前にタルトがこげてしまう場合があります。

最初は様子を見ながら仕上げてください。
f:id:gemomoge:20181004081621j:image

 

 

 

焼き上がり!

チョコ細工などを飾っても綺麗です。
f:id:gemomoge:20181004081630j:image

 

 

よく冷えてから切り分けます。
f:id:gemomoge:20181004081654j:image

 

 

ドライ林檎が爽やかな甘味をプラスしてくれるのでさっぱり食べられます。
f:id:gemomoge:20181004081740j:image

 


秋の集まり、ハロウィンパーティーなどにいかがですか?

f:id:gemomoge:20181004081715j:image

 

ハロウィンといえばこちらのクッキーもぜひお試しください


 

 

 

~おまけ~

 

余った材料で、林檎のタルト。

 

 

タルト型にタルト生地を敷き、

残りのアーモンドクリームとカスタード20gサツマイモペースト15gほどを混ぜ合わせた物を敷き入れます。

 

林檎をうすーくスライサーで切り、

型の円にそって並べます。

f:id:gemomoge:20181004081801j:image

 

 

艶出しの卵とグラニュー糖を振って170℃で40分ほどやいて出来上がり。f:id:gemomoge:20181004081817j:image

 

 

仕上げにアプリコットジャムを煮とかしたものを刷毛で塗って出来上がり!
f:id:gemomoge:20181004081837j:image

 

 

林檎とサツマイモ合います!

簡単で美味しいので✨ぜひ!
f:id:gemomoge:20181004081853j:image


パイでも焼けます✨
f:id:gemomoge:20181004181547j:image