さっさっさっと今日のおやつ

育児の合間の簡単お菓子作り、簡単ご飯のレシピを公開しています✨3児の母😋moge0105@gmail.com

おうちでマカロンをたくさん! バレンタインにも。

こんにちは。

来月はバレンタインデー。

 

今日はおうちで作るマカロンをご紹介します。

f:id:gemomoge:20180121141341j:image
f:id:gemomoge:20180121141320j:image

 

マカロンって買うと高価!

でも材料はすぐ手に入ります。

そしてたくさん出来ます❗️

 

でも、マカロンって作るの難しいんじゃない?なんて。

 

たしかに押さえるべきポイントはありますが、

要は、慣れです!

 

いい具合に生地をまとめて

いい具合の温度で乾燥させれば

 

必ず出来ます。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

直径3.5㎝のマカロン 20個ほど

 

≪粉類≫

アーモンドプードル 30g

薄力粉 9g

(ココアマカロンの場合は

  薄力粉 5g + ココアパウダー4g)

粉砂糖 70g

 

≪メレンゲ≫

卵白 1個

粉砂糖 15g

 

ーーーーーーーーーーーー――ーー

作業写真はプレーンのバニラマカロンで

撮ってます。

f:id:gemomoge:20180121141433j:image

 

 

<下準備>

 

①紙に(コピー用紙など)円を描いておく。
f:id:gemomoge:20180121141500j:image

 

 

②粉類を合わせて3回ふっておく。
f:id:gemomoge:20180121141513j:image

 

③オーブンを200℃に余熱する。

 

 

マカロンの作業自体はとてもシンプルです。

メレンゲをたてて、そこに粉を混ぜこみ、

丸く絞り出して、乾燥させて、出来あがり。

 

私なりに気を付けているポイントを

混ぜながら進めていきます。

 

 

ではスタート!

 

 

 

生地作り

 

卵白に粉砂糖を合わせて、メレンゲをたてます。

しっかりしたメレンゲを作ったあとに必ずゆっくり混ぜ回し、写真くらいの滑らかな角が柔らかく立つくらいに整えます。
f:id:gemomoge:20180121141528j:image

 

 

ヘラにもちかえて、ふるった粉類を3回に分けて混ぜこみます。

 

まず、1回目。

必ずヘラをたてに動かし、粉をメレンゲの中に隠す感じで混ぜこみます。
f:id:gemomoge:20180121141553j:image

 

少し粉が残っていてもオッケー。

これくらいになったら、、、
f:id:gemomoge:20180121141611j:image

 

2回目の粉を投入。

縦に動かし、粉を隠します。
f:id:gemomoge:20180121141643j:image

 

 

3回目の粉を投入したら、今度はヘラを横にもちかえて、

下から全体をひっくり返して混ぜます。
f:id:gemomoge:20180121141702j:image

 

 

何となく、粉が見えなくなったら

ここでマカロナージュという

生地の固さをいい具合に整える作業をします。

 

生地の中の気泡をボウルにヘラで擦り付けて潰していくのですが、

柔らかさの具合は好みです。

 

私は4回から5回、ボウルの壁面についた生地をこそぎおとしながら、気泡を潰して

終わりです。
f:id:gemomoge:20180121141717j:image

 

 

出来上がりの生地はこれくらい。

リボン状に垂れるくらいを目安にしてる方が多いような気がしますが、

私は持ち上げてもったりぼとっと落ちるくらいで止めます。

コロンと丸い形のマカロンになります。

 

これで生地は完成。

f:id:gemomoge:20180121141730j:image

 

 

 

 

次は絞り出します

 

 

 

丸口金をつけた絞り袋に入れて、
f:id:gemomoge:20180121141744j:image

 

 

天板の上に、

先ほど円を描いた紙の上にオーブンシートを敷いて、絞り出します。

 

垂直に絞り袋を持って、手を動かさず絞り出してください。
f:id:gemomoge:20180121141806j:image

 

 

 

 

そして乾燥させます

 

オーブンに入れる前に、表面を室内で乾燥させます。

目安は手でさわっても生地がつかないが、

カチカチではなく弾力は残ってる状態。

 

目を離さずチェックしながら乾燥させてください。

 

乾燥が甘いと割れたり、ピエがでなかったり、盛り上がったりします。

f:id:gemomoge:20180121141825j:image

 

 

 

やっとオーブンへ。

 

 

すぐ焼き上がるので目を離さないで。

 

200℃で2分から3分でピエがグッと出ます。

ピエが出てきたら、扉を開けたり閉めたりして温度を下げ、今度は

 

130℃で5分ほど焼きます。

 

そのあとは電源を切ったオーブンで

5分ほど放置。

f:id:gemomoge:20180121141853j:image

(オーブンの焼き時間、温度は目安です。

大事なのは、高温でピエをグッと出し、

あとは焦げないよう、ベタベタがなくなるように低温で乾燥させることです。

お持ちのオーブンのくせで調整してください✨)

 


焼き上がり!
f:id:gemomoge:20180121141838j:image

 

ピエもしっかり出て丸みもあり艶もあります。
f:id:gemomoge:20180121141907j:image

 

 

冷めたら網へ。

壊れやすいのでピエの部分をそっと持って移動させてください。
f:id:gemomoge:20180121141923j:image

 

 

 

ガナッシュを挟みます。

ジャムでもバタークリームでもお好きなものでかまいませんが、

今回はバレンタインが近いので、チョコレートで。

 

―――――――――――――――――

チョコレート 50g

生クリーム 20~25cc

――――――――――――――

これも好みですが、

マカロンが甘いので私はビターチョレートで作るのが好きです。

f:id:gemomoge:20180121141935j:image

 

 

チョコレートを滑らかにとかします。
f:id:gemomoge:20180121141949j:image

 

 

そこにたえず混ぜながら、生クリームを加えます。
f:id:gemomoge:20180121142000j:image

 

 

マカロンに絞り出して、
f:id:gemomoge:20180121142011j:image

 

 

挟んだら出来上がり❗️
f:id:gemomoge:20180121142021j:image

 

 

ガナッシュは固めに作ると、

プレゼントに持ち運びやすいです

一つずつラッピングして友チョコにも🎵
f:id:gemomoge:20180121142034j:image


ココアに挟むとまたチョコレート感アップ!
f:id:gemomoge:20180121142148j:image

 

 

とにかくたくさんできるので、

バレンタインに手作りするにおすすめです🎵

 

難しいマカロンも慣れれば簡単。

失敗しながらご自分の感覚なベストマカロンを追求してくださいね❤️
f:id:gemomoge:20180121142222j:image

ハッピーバレンタインデー!❤️❤️❤️